行政書士の勉強法が知りたい!

私が実践した効果的な勉強法

【学習計画⇒講義DVD&テキストで基礎知識⇒過去問演習】

勉強法って人それぞれ、いろいろなやり方がありますよね。
●ひたすら声を出してテキストを読む人
●とにかくノートに書き写す人
そんな、極端な勉強法はおいといて…。
私が実践した勉強法について、少しお話します。ご参考にどうぞ。

一.全体を把握し、学習計画を立てる

自分が取得したい資格は、どのような科目で、どのような試験なのか、まずは全体を把握しましょう。そして学習計画を立てます。はじめに試験日まではどれくらいの日数があるのか、そして自分は1日何時間勉強をすることが可能なのかを計算してみましょう。
行政書士に合格するには一般的に600~700時間の勉強が必要だといわれていますので、足りなければ1日当たりの勉強時間を増やす努力をしたり、勉強の質を上げる工夫をしなければなりません。
私の場合は、平日は仕事をしていたので、1日2時間くらいしか勉強ができませんでしたが、土日は時間があったので、1日やることを紙に書いて、それをすべてやり終えるまでは勉強をやめない、というスタイルにしました。そうすることで、自分を追い込み早く終わらせようと思うのです。

一.講義DVDを中心にテキストを照らし合わせ、こまめに問題を解いていく

五感をフルに使う講義DVDはテキストよりも理解を助けるので、DVDを中心に勉強し、そのあとにテキストを確認。これを2~3回繰り返してから問題を解きます。いくら内容が頭に入っていても、問題演習をしなければ基礎知識は付きません。そして少しずつ問題のレベルを上げていくのです。

一.基礎知識を付けたら、過去問演習に全力投球!

②を繰り返して、基礎知識を付けたら今度は過去問演習に取り掛かりましょう。
過去問は、出題分野の頻度や出題される問題の形式・レベルがわかるもので、試験対策にはとても有効です。私的には、過去10年分の過去問を3~4回やらなくては、試験突破は厳しいと思います。最後の3~4カ月は、徹底的に過去問演習に全力投球しましょう。