行政書士の年収が知りたい!

平均年収

【平均年収600万!営業力と実力が勝負の世界】

行政書士は独立型資格なので、会社員と両立することはできません。行政書士として開業するのであれば、会社を辞めなくてはいけないのです。会社を辞めて独立開業するって、かなりの勇気がいりますよね。だって、仕事がなければ収入はゼロなわけですから、軌道に乗るまでは、ある程度の蓄えと辛抱が必要です。
私のような独身であればまだしも、これが家族を養っている男性であれば、話は別になります。だからか、実は行政書士の資格を持っているのに、行政書士として働いていない人はたくさんいるのです。あんなに難関な試験を突破したのに行政書士として働いていないなんて、もったいない!というのが私の考え。しかも、報酬は全て自分のお給料になるのですから、独立しない手はありませんよね。
そこで、みなさんが気になる行政書士の平均年収を、他の独立系国家資格と比べてみました。

<職業別の平均年収>

弁護士800万
公認会計士790万
税理士780万
社会保険労務士600万
行政書士600万

いかがでしょう。行政書士の年収はもっと高いと思いましたか?
ちなみにサラリーマンは430万なので、それよりは170万高いです。とはいえ、行政書士もピンキリで、年収数千万を稼ぐ人もいれば、年収300万以下の人もいます。
私は行政書士となって今年で4年目ですが、この世界は営業&実力主義!経験も年齢もそんなに関係ありません。いかに営業活動が大切かということは、次の年収をアップするためには?に続きます。