行政書士の資格について知りたい!

試験概要

【法令から一般知識まで幅広い試験科目。記述式がカギを握る!】

試験日時

11月第2日曜日
全国の会場で13時~16時に一斉に行われます。

試験科目

<法令>
●基礎法学
●憲法
●行政法
●地方自治法
●民法
●商法
●憲法
●行政法
出題形式⇒ 択一式(五肢択一式と多肢択一式)・記述式
計46問(244点)

<一般知識>
●政治・経済・社会
●情報通信・個人情報保護
●文章理解
出題形式⇒ 択一式(五肢択一式)
計14問(56点)

カギを握るのが、<法令>の行政法と民法の記述式
記述式は、マークシート択一式と違って、40字で解答するもので、記述式を苦手とする受験生は多数います。しかも民法の範囲は広く、年々試験問題も難しくなっているので、さらに手ごわいのです。
記述式の問題は、3問で60点も占めるかなりの得点源。絶対に落とさないためにも、40字でまとめられるクセをつけ、問題をたくさん解くことが大切です。