行政書士の資格について知りたい!

難易度と合格率

【合格率は約7%の狭き門!覚悟を決めて勉強に励もう!】

行政書士の資格を取得しようと思ったら、まず気になるのが難易度。
いくら勉強しても自分は合格できないんじゃないのか、と不安になるのは当たり前のことです。そこで、過去10年の合格率を見て、難易度を検証してみましょう。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 44,366 5,814 13.10%
平成26年度 48,869 4,043 8.27%
平成25年度 55,436 5,597 10.10%
平成24年度 59,948 5,508 9.19%
平成23年度 66,297 5,337 8.05%
平成22年度 70,576 4,662 6.60%
平成21年度 67,348 6,095 9.05%
平成20年度 63,907 4,133 6.47%
平成19年度 65,157 5,631 8.64%
平成18年度 70,713 3,385 4.79%

この10年の合格率の平均は8%ほどです。100人中8人しか合格しないという結果をみて、あなたはどう思いますか?
私はかなり低いと思いました。そして、勉強を始める前は「もし何年も合格できなかったら、私の人生どうなってしまうのだろう…」と、不安にもなりました。でも、結果、高卒の私でさえも2年間の学習(独学1年を含む)で合格できたのです。私、高卒ですよ!しかも二流の。

司法書士や旧司法試験は、もともと能力のある人間が5~10年かかってやっと取得できる世界であって、私のような一般人にはとてもじゃないけれど合格はできません。
でも、行政書士は1~2年間、必死に取り組めば合格できる可能性あるのです。とはいえ、難関な資格であることは間違いありません。
その合否を分けるのは、個人の能力ではなく、勉強法!あとは、ヤル気と根性!その勉強法については、行政書士の勉強法が知りたい!で紹介しているので、参考にしてくださいね。
ちなみに行政書士には、受験資格がありません。そのため合格者は10代~70代以上までと年齢層が幅広いのが特徴です。